冨田実アイクリニック銀座のレーシック・ICLの特徴

冨田実アイクリニック銀座

東京レーシックガイドのドクターK冨田実アイクリニック銀座は医学博士の富田実院長が開院したクリニックです。

日本初の最新鋭の機器を使ったレーシック施術を受けることができる眼科であり、レーシックだけでなく一般眼科治療や白内障手術など幅広く行っています。

最新鋭の機器を使用したレーシック施術

冨田実アイクリニック銀座でレーシック手術に使用する機器は、院長も開発に関わったという最先端の「8D AMARIS 1050RS」(シュウィンド社:ドイツ)と「FEMTO LDV Z8」(ジーマー社:スイス)。

「8D AMARIS 1050RS」は従来のレーザーよりも照射エネルギーが抑えられているので、角膜へのダメージを大幅に軽減し、より目に優しい手術を実現。

またレーザー1発のパルスが世界最小にまで改良されているので、より精密で質の高いレーシック手術となっています。ダメージが少ないため、術後の見え方の質も向上し、早期回復にも影響しています。

「FEMTO LDV Z8」は、8次元アイトラッカーを搭載している最新世代のレーザー。目の傾きや旋回、回転などの動きにも8次元(8方向)で目の動きを追尾して認識するので、より正確な位置へのレーザー照射を実現しています。

また世界最速の照射スピードを誇るレーザーなので、手術時間の短縮を可能にしています。さらに手術後の不正乱視を増加させないプログラムになっており、術後の見え方の質にもこだわっています。

 

大規模クリニックではできないクリニックを目指して

レーシックを専門とする大規模展開している東京のレーシック眼科は、より多くの患者を受け入れることができるというメリットを持っています。

しかし冨田実アイクリニック銀座では、大規模クリニックではできないよりキメ細やかなサービスを目指して取り組んでいます。

主治医制を導入

例えば、一貫した診療体制をとる主治医制を導入。

術前から手術そして術後まで、一貫して同じ医師が担当してくれることで、信頼関係を築きやすく診断にも一貫性があり、患者としても安心感につながります。

もちろん主治医とコミュニケーションを密に取ることができるので、手術前に執刀医と治療についてもしっかりと相談し不安を解消することができます。

さらにもしも術後に問題が起きた場合にも、安心して受診することもできます。

手術プランが明確なのも嬉しいポイント。大手クリニックでは診療にセットプランやパックプランがある場合もありますが、そのようなセットやパックがなく治療項目が明確。自分が本当に必要な治療がわかりやすくなっています。

また料金体系が明確。ホームページを見ても実際に提供しているプランが掲載されており、「安いプランをメインに表示」といったことがありません。かかる費用が明確でわかりやすいので、事前に予算を組みやすく、来院してから予算の高さに驚くということもありません。

診療体制や料金表示が明確なので、他人にも紹介しやすいクリニックです。

クリニックデータ

住所 東京都中央区銀座4-12-19 日章興産ビル3F4F
アクセス ・東京メトロ東銀座駅3番出口から徒歩1分
・東京メトロ銀座駅A7番出口から徒歩5分
診療時間 平日 9:30~13:30、15:30~19:00
土曜 9:30~13:30、15:30~19:00
日曜 9:30~13:30、15:30~19:00
休診日 無休(※年末年始、夏季休暇を除く)

冨田実アイクリニック銀座の公式サイト