東京のレーシック眼科

レーシックQ&A記事一覧

レーシック手術は、眼の角膜を直接レーザーで削るという手術方法です。つまり、眼に何らかの異常がある場合、基本的にはレーシック手術を受けることが出来ません。しかし、結膜炎の場合は、アレルギー性の結膜炎なのか、流行性の結膜炎なのかによって手術の判断基準が違ってきます。流行性結膜炎、いわゆるはやり目の場合だと、その原因はウィルスというのが一般的です。ウィルスが眼に入ってしまっている場合には、レーシック手術...

近視の視力矯正に効果が高いレーシック手術ですが、遠視への効果はあるのか。遠視の方にとってはとても気になるところでしょう。遠視は単純に言ってしまうと近視の反対の状態です。近視は網膜の手前で焦点があってしまうことによって起こるもので、遠視は網膜の後ろで焦点があってしまうことで起こります。いずれにしろ近視も遠視も、どちらも屈折の異常によって起こっているものです。ですから、レーシックで屈折を調整することに...

レーシックでは確定申告の医療費控除が可能かどうか知りたがっている方が多いようですね。視力が低いと言うのは、病気とは違います。視力が低くても眼鏡やコンタクトレンズを着ければ、基本的に生活に支障が出ることはありません。ですから、イメージ的に確定申告の医療費控除の対象にならないように思ってしまう方も多いでしょう。しかし、レーシック手術と言うのは眼の機能を医学的な方法で回復させる手術です。もちろん、レーシ...

●手術の安全性レーシックの手術は非常に安全なものです。どうしても「目に何かする」とか「角膜を削る」というイメージから、ひとつまかりまちがえると目が大変なことになりそうなイメージがありますが、日本では2000年に厚生省がレーシック手術を認可してから、手術による失明事故はありません。ですが、ほかにも考えなければならない要素があります。

■まずレーシック手術についてレーシック手術は、角膜の形を変えることで視力矯正をするものです。最初にフラップと呼ばれる蓋の役目をする部分を再生可能な角膜表面に作ります。これは、0.1mmから0.16mm位の厚みで角膜表面を剥ぎ取るもので、剥ぎ取る厚みは、手術のやり方によって異なります。

レーシックのデメリットについても紹介します。レーシックという術式自体が出来てから、まだそれほどには長い年月が経過していません。新しい技術なのです。たとえばレーシックを20歳のときに受けた人が80歳でなくなるまでの経過というような長い目で見た症例がまだ一つもないくらい新しい技術です。